FC2ブログ

ルィスフガーデン

鏡よ鏡。もう少し手加減しておくれ。自分の美しさで目が眩んでまともに鏡も見られない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレイドマスカーカレイド track.5 龍騎の世界

 重厚な木目の壁に四方を囲まれた広大なその部屋の中は、高い天井付近に立ちこめる煙草の煙のような重苦しい雰囲気に包まれていた。
 巨大な円形のテーブルを囲んで座る十数人のスーツ姿の男女。年齢もまちまちな彼らがそれぞれ個性溢れるしかめっ面で一様に見つめているその先には、唯一円卓の縁に立つ異形の姿があった。

「……い、いま、なんと……?」
 ようやく、開きっぱなしだった口に意識を繋いだ一人の男が震えながら己の感情を表明した。
 なぜ、というあまりにも不可解な疑問を。
 この場にいる全ての人間の思いはまさにそこに集約されていることは、全ての顔に等しく現れた強い眼差しが物語っている。
 十数の眼光にさらされたその異形は、そんな他人の感情などないもののごとく声を発する。
『インペラー、こと佐々野は、消滅した。 すなわち、死亡した』
 まるで黄金の翼のような装飾の仮面から、くぐもった声がゆったりと告げる。
「……だ、だが、ライダーバトルでは、危険はないと、敗北しても元通りに帰還できると言っていたではないか!?」
「ミラーモンスターも、契約モンスターも、おとなしくしているはずだったろう!?」
「そうだ!だから我々は協力したんだ!それなのになぜ!?」
 口々に抗議を唱える出席者たち。
 黄金の鎧を身に纏ったその異形は、腕組みし不動のまま。
『事情が変わったんだよ』
 そこに、新たな声が割り込んだ。
 全員が振り向いたその先。壁の中心に据え付けられた巨大な鏡に映る円卓の真ん中に、若い男の姿があった。
 だが、現実のテーブルの上には何者もおらず、振り返る者も誰一人いない。
「神鳥、士郎(かんどり・しろう)……」
 誰かが、鏡の中にのみ存在するその男の名をうわごとのように呟いた。
『のんびりとやってる場合じゃなくなった。これからは命懸けでやってもらう。そのためにすべきことは……分かるよな?』
 鏡の中の男──神鳥 士郎は陰気な顔つきの中、目だけぎらぎらさせて宣告した。
「し、しかし、死ぬ気で戦えだなんて、そんな無茶な……」
『「万能の力」が欲しいんだろう!?』
 抗弁しかけた男を神鳥 士郎が一喝した。
『そのために司法まで乗っ取ったんだろうが! これまでの仮面ライダー裁判で、どれだけの人間が破滅したかな。いまさら後に退けると思ってんのか!?』
 抗弁した男だけでなく、部屋にいるほとんどの人間がその恫喝に萎縮する。
『分かってんのか?「万能の力」に必要なのは、人間が持つ、より強い欲望だ』
 神鳥 士郎が舐めるように全員を睨め回して続ける。
『被告だの容疑者だのなんて生ぬるい!もっと強い欲望を持ったやつをライダーバトルに放り込め!』
 怒鳴り散らす神鳥 士郎のまわりに、どこからか怪物がゆっくりと集まってきた。
「ひっ!?」
 誰かの引きつった悲鳴が響く。
 怪物は、鏡の中にしかいないのに。
『急げよ。チンタラしてると、この場の誰かが一人ずつ消えてくぞ』
 円卓から飛び降りた神鳥 士郎は、怪物を引き連れて鏡の中の部屋を去ってゆく。
『オーディン、お前も来い』
 去り際の声に応え、円卓の縁に立っていた黄金の鎧──仮面ライダー オーディンもまた、ゆったりとした足取りで部屋を出ていった。

「…………」
 支配者が去った後も、部屋は重苦しい沈黙に包まれていた。
 議長にあたる男は青い顔のまま震えるのみで、幾人かが目配せを交わしながら、この空気からの脱出を消極的に模索している。

 かちゃん!

「あっ」
「!!??」
 軽い落下音と声に、その場にいたほとんどの人間がもの凄い勢いで振り向き凝視した。
 見れば、壁際に立っていたどこかの弁護士の連れの若い女性が、ペンを落としただけのようだった。
「す、すみません……」
 大勢に睨み付けられ、尻すぼみに謝罪するその女性。
 あちこちにぺこぺこと頭を下げながら、彼女はしゃがみ込んでペンを拾おうとした。
「あ」
 その時は既に出席者同士で何事か話が始まっていたため、彼女の小声は聞き咎められることはなかったが、それでも彼女は口元を押さえ辺りを見回して警戒しながら、しゃがみこんで目線が下がったことで発見したそれに驚愕していた。
(よう)
 そんな台詞が聞こえてきそうな片手を上げたポーズで、巨大なテーブルの下の奥に寝そべっている透の姿に、この世界の神楽見 瞳子は心底呆れ果てていた。

関連記事

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lwisfgarden.blog.fc2.com/tb.php/21-1959afeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。